研究開発 

エンドカナビノイド健康補助食品(EHS)
90年代初頭に2つの主要な内因性カンナビノイド受容体が発見された後、新たに特定された内因性カンナビノイドシステム(ECS)は、循環器、消化器、内分泌、外皮、免疫、筋肉、神経、腎臓、生殖、呼吸、および骨格の11の主要な身体システムすべてと密接に関係していることが
わかりました。ESCは健康と社会に大きな影響を与える可能性を秘めています。私たちの目標は、安全で効果的、そして気軽にお買い求めいただけるエンドカンナビノイド健康補助食品(EHS)を開発することです。

[1] Image of 5TGZ (Crystal Structure of the Human Cannabinoid Receptor CB1 (2016)) created with The PyMOL Molecular Graphics System, Version 1.8 Schrödinger, LLC.

物理化学分野でのエキソカンナビノイド(植物由来のカンナビノイド)の研究は主に結晶形成、沸騰特性、および精製技術ですが、これは正に私たちが取り組んでいることです。純粋なエキソカンナビノイドとエキソカンナビノイド混合物を使用した過去と現在の研究は、化学的に安定した消費者製品の開発に適用されています。

健康やパフォーマンスへの効果をうたうさまざまなエキソカンナビノイドとエンドカンナビノイドを調節する成分が世界中の市場に登場しています。現時点では、これらの効果を裏付ける十分な根拠はありません。私たちは、健康とパフォーマンスへの影響の根拠を見つけるために、さらに調査し、薬理学的および行動学的研究について私たちの能力を拡大できる学術的な協力者とのコネクションを獲得しました。私たちは現在、この調査のために政府と民間の資金を必要としています

テルペンエルゴジェネクス

テルペンは、自然界に存在する芳香族有機化学物質です。さまざまな生物学的効果を引き起こすことが知られています。テルペンは、特に植物によって生合成されます。テルペンは、エッセンシャルオイルの香りを嗅ぐときに経験する強い香りを生み出すことでよく知られています。それらは何世紀にもわたって代替医療として使用されており、吸入、局所塗布、経口摂取などのさまざまな伝達方法があります。私たちの目標は、パフォーマンスサプリメントの成分としての用途のためにエルゴジェニック特性を生み出す単離されたテルペンおよびテルペン混合物を特定することです。

 
吸引用のテルペンを購入するときは、テルペン分析表を参照します。ここでの例は、気化前後のCO2抽出テルペンのGCMSデータ比較を示しています。ここで、各2Dピークは推定された単一のテルペンを表しています。これらの結果は、吸引後のテルペンの複雑さと総量の減少を示唆しています。将来的には、お客様が特定のベープデバイスを使用して蒸気分析を取得し、消費しているものをよりよく理解できるようにすることを目指しています。詳細については、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

食用&栄養 材料工学
REPSでは、さまざまなサプリメントパウダーから新しい素材を設計しています。学際的なアプローチを取り、固体化学、粉末金属学、および医薬品錠剤化の側面を組み合わせて、新しい粉末圧縮技術を開発します。私たちの目標は、元々粉末の形でしか販売されていなかったサプリメントを簡単に摂取できるようにするプラットフォームとなるテクノロジーを開発することです。

プロテインなどのパフォーマンスサプリメントパウダーは、散らかりやすく外出先で使用することが難しいと言われています。さらに、プロテインパウダーは大きくて重い容器で販売されており、扱いにくくかさばります。大容量を購入するということは、新しい顧客がプロテインパウダーを試したり、既存のユーザーが新しいフレーバーを試す機会を減らしています。なぜなら、誰も何キログラムものプロテインパウダーを買ってフレーバーが気に入らないという経験はしたくないからです。一回分の量でのサンプリングをより簡単にするというような状況において、材料工学が役に立ちます。

 

最初のプラットフォームテクノロジーはSEED-Techと呼ばれていました。このテクノロジーを3Dプリントと組み合わせて、seeds (シード)というブランド名で製品を開発しました。日本のコンビニエンスストアでのテストマーケティング後、プロテインサプリメントブランドにライセンスを提供する予定です。

SEED-Techは、プロテインパウダーをさまざまな形状に変換するために使用できます。
このテクノロジーは、将来の宇宙旅行のサプリメントでも検討されています。

 

 

微生物工学
REPSでは、微生物を人工的に設計してパフォーマンスサプリメント成分を生成します。エンドカンナビノイドの調整に特に焦点を当て、
パフォーマンスへの影響について成分候補をスクリーニングします。目標は、(1)微生物を使用した効率的な原料生産方法を開発し、(2)新しい高性能原料を発見することです。

大規模製造にむけて生産量を増やすために、ペプチドとタンパク質を向上させるための物質を共同開発しています。目標は、パフォーマンスサプリメント成分の世界的な生産量を増やし、迅速な製品開発を促進し、パフォーマンスサプリメントの消費者の数を増やすことです。

 

新技術見習生制度

新技術見習生制度

REPSは、次世代の科学者やエンジニアを指導することで日本に貢献します。 STEM(科学・技術・工学・数学)のキャリアと起業家精神に関心のある地元の高校生や大学生に焦点を当てています。 REPSは、植物化学、分子生物学、起業家精神の分野でのキャリア開発を支援するために、年に1人の見習生を受け入れます。ご興味のある方は、自己紹介と志望動機をinfo@reps-japan.comへお送りください。青少年教育は私たちのビジョンを実現するために不可欠だと考えています。

1. Hua, T., Vemuri, K., Pu, M., Qu, L., Han, G.W., Wu, Y., Zhao, S., Shui, W., Li, S., Korde, A., Laprairie, R.B., Stahl, E.L., Ho, J-H., Zvonok, N., Zhou, H., Kufareva, I., Wu, B., Zhao, Q., Hanson, M.A., Bohn, L.M., Makriyannis, A., Stevens, R.C., Liu, Z.J. - Image of 5TGZ (Crystal Structure of the Human Cannabinoid Receptor CB1 (2016) created with The PyMOL Molecular Graphics System, Version 1.8 Schrödinger, LLC.

販売に関するお問い合わせ

+81 050-5476-1496(日本語と英語)

 月 - 金 9:00 - 19:00

 sale@reps-japan.com

一般的なお問い合わせとテクニカルサポート

+81 050-5476-1496(日本語)

+1 206 701 6568 9459 (English)

 月 - 日 9:00 - 19:00

 info@reps-japan.com

本部

 〒904-0495
 沖縄県国頭郡恩納村字谷茶
 1919-1沖縄科学技術大学院大学
 イノベーションスクエアインキュベーター
iconfinder_email-letter-inbox-send_22035
iconfinder_phone-ring_6351917.png
iconfinder_Map_-_Location_Solid_Style_01

©  2021 株式会社REPS JAPAN

All Rights Reserved.

iconfinder_51-linkedin_104452.png